特徴
・タカムラ産業では、お客様と打ち合わせをしてデザインを一緒に考えます。
・デザインの持込もOKです!!デザイン画をもとに、強度を計算し、設計図を作ります。
・『ECO段ブース』の組み立て方は「差し込み式」なのでとてもカンタンです。道具も使いません!!
(デザインによっては多少のナット・ボルトを使用します。)
・ダンボールなので見た目よりもパーツがとても軽く作れます!!
・組立て時作業員の人件費削減ができます!
ご依頼をお考えの方へ!
・お客様との相談で完全オリジナルブースが作れます
・組立て・片付けが簡単
・パーツがとっても軽い
キリンのソフィ×100本のスプーン
2020年3月12日

2020年2月22日(土)~3月1日(日)までの期間、株式会社スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー様と、株式会社スマイルズ様の運営するレストラン「100本のスプーン 二子玉川店」とのコラボイベントで設置されたキリンのソフィを弊社で制作させていただきました。
店内に高さ約3mの『キリンのソフィ』とエントランスに座っている『ソフィ』の2体が展示されました。とっても可愛くて大人気でしたよ☆
赤ちゃんに優しい「キリンのソフィーコスメティクス」とママに人気のレストラン「100本のスプーン」がコラボし、期間&数量限定で「こどもの肌育・食育」に着目した『こどものベジタリアンビーガンメニュー』も発売されました。

キリンのソフィ

エントランスでソフィが座ってお出迎え!

(さらに…)

Next Eco Design展2019
2020年1月17日

2019年12月5日(木)~ 12月7日(土)3日間、東京ビッグサイト 西4ホールにて開催されたイベント『Next Eco Design展』にて、カナダのノバスコシア大学デザイン学科教授のクリストファー・マーク・カルテンバッハ氏がデザインした、コオロギソケットブリックテラリウム構築システムの段ボール什器の段ボールシートを協賛させていただきました。
制作されたのは、千葉工業大学 の今村創平教授と建築学科の生徒さんです。
『Next Eco Design展』は、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会/JIDAが主催している展覧会で、クリストファー氏は2016年からJIDAのメンバーとして毎年展覧会に携わっているそうです。
展示会は大成功を収め、3日間の来場者数は4000人以上でした。
『コオロギソケットブリックテラリウム構築システム』とは、通常は大量飼育に使われない空間に設置するプロトタイプ・ウォールです。
レストランのオープンキッチンで昆虫食を提供する、美的な魅力を備えた建築物です。
また、昆虫の群れを育成するための一般的な家庭用システムとしてリースすることも可能です。
この建築物はアパートメント、オフィス、レストランなど、どんな屋内空間にも合わせることが出来ます。

PRS (AU) Christopher Kaltenbach – 19
クリストファー・マーク・カルテンバッハ氏
(さらに…)

ライティングオブジェ2019
2019年12月20日

2019年12月12日(木)~22日(日)東京国際フォーラム『ガラス棟』、東京ビルTOKIA『ガレリア』にて「地球環境と子どもたちの未来に向けた平和」と「東日本大震災と熊本地震復興支援の継続」を呼びかけるアート・チャリティー展のライティングオブジェに今年もタカムラ産業では、アーティストの方々の展示台を製作協力させていただきました!
また、本宮、倉渕、岩岡&入江もアーティストとして参加させていただきました。
様々なジャンルのアーティストの皆様の作品が一度に見れるチャンスはめったにございませんので、ぜひ足をお運びいただけますと幸いです。
ライティングオブジェ2019公式HPはこちら
ライティングオブジェ2019
(さらに…)