ダンボールの舞台大道具『赤い靴』

2010年1月9日・10日東京芸術劇場に脚本・演出・映像奥秀太郎の舞台『赤い靴』の小道具を
作成しました。
前回の舞台『黒猫』で、幕が下がらないうちに女性がセットを変更するのに軽量で、人が上に
乗っても頑丈で壊れないという点で強化ダンボールでの舞台大道具を依頼され、『赤い靴』でも
道具作成を任されました。

舞台 : 『赤い靴』
脚本・演出・映像 : 奥 秀太郎
出演 : 映美 くらら (元 宝塚月組トップ娘役)


タカムラ産業で作成した、舞台道具・収納BOXの一部を紹介します。



強化ダンボールでの作成により、軽量化&強度があるため、舞台で忙しいセット変えの時に女性でも
運ぶのが可能になりました。人が入って運べる強度があり、強化ダンボールの上で飛び跳ねることも
出来ます。

通い箱として、舞台で使うモニターや小道具を運ぶBOXも作成しました。
色々とごちゃついてしまう小道具もこれでスッキリ運べます。
寸法を測り、設計から箱を作成するので、運びたいものにピッタリのBOXが完成します♪

前のページに戻る