京都国際現代芸術祭2015 『PARASOPHIA』

京都市美術館の施工をさせていただきました。

京都国際現代芸術祭2015

PARASOPHIA : 京都国際現代芸術祭2015は、去る5月10日に58日間の会期の幕を下ろしました。
京都では初めてとなります、大規模な現代美術の国際展の開催にあたり、一般社団法人京都経済同
友会が提唱し、京都府・京都市が賛同し緊密に連携をとりながらオール京都で実現に向けて準備を
進めてまいりました。
河本信治アーティスティックディレクターは、永年のご見識を踏まえて招請された世界の第一線で活躍
される40組45名のアーティストにできる限り京都に来ていただき、異文化と「京都」の触れ合いから
生まれるアーティストの視座を、近代史、地域史、芸術文化史などを参照しながら複層的に構成し縦断
的に関連付けて、まさにPARASOPHIAの世界観を諦観する間口の広いかつ奥行の深い展覧会を
実現していただきました。
※ 『PARASOPHIA』開催報告書 主催者あいさつ より一部抜粋

京都市美術館では、ジャン=リュック・ヴィルムート、蔡國強、ウィリアム・ケントリッジ、フロリアン・プム
ヘスル、徐坦、へフナー/ザックス、アン・リスレゴー、スタン・ダグラス、サイモン・フジワラ、ブラント・
ジュンソー、ヘトヴィヒ・フーベン、ヤン・ヴォー、高嶺格、グシュタヴォ・シュぺリジョン、アリン・ルン
ジャーン、リサ・アン・アワーバック、ドミニク・ゴンザレス=フォルステル、アナ・トーフ、ヨースト・コナイン、
王虹凱、笠原恵実子、アフメド・マータル、倉智敬子+高橋悟、眞島竜男、石橋義正、ナイリー・バグラ
ミアン、ローズマリー・トロッケル、田中功起、ルイーズ・ローラー、ラグナル・キャルタンソン、ハルーン・
ファロッキ、アラン・セクーラ、やなぎみわ、スーザン・フィリップスの作品が展示されました。

タカムラ産業では、ブックストアのダンボール什器、棚やテーブル、レジ台、看板などを製作致しました。

『PARASOPHIA』終了後、ダンボール什器は『ギャラリー北大路』にてご使用いただいております。

前のページに戻る