読売新聞の取材を受けました

読売新聞の取材を受けました。タイトルは『栃木の企業力 タカムラ産業 段ボールで安心遊具』です。


2010年11月5日(金)読売新聞の朝刊「地域版」で、『栃木の企業力』というタイトルでタカムラ産業が紹介されました.。 『高村明彦社長によるデザイン・設計で多くの強化段ボール家具・遊具・ディスプレー・ 舞台セットなどを製造・販売し、急成長を遂げている。…』と紹介されています。

『自由に触って遊べる遊具を作ろう』と高村明彦社長が思ったのが、
強化ダンボール遊具の製作のきっかけでした。
『高村明彦社長(43)は、「重さが20トン以下で、長さも10メートルぐらいまでの物ならば梱包でき、
決まった箱の大きさはなく、お客さんのニーズに応じて設計できる」とインタビューに答えました』

前のページに戻る