森美術館 『フォスター+パートナーズ展』

森美術館『フォスター+パートナーズ展』の施工をさせていただきました。

『建築は軽やかさと自然の光の芸術である』ノーマン・フォスター卿率いる
国際的建築設計組織「フォスター+パートナーズ」日本初の大規模展覧会。
森美術館

建築家ノーマン・フォスターによって1967年に設立されたフォスター+アンドパートナーズは、
世界45カ国で、300のプロジェクトを遂行、日本の国宝建築に相当する英国保護登録建築物
最上級グレード1の指定等・輝かしい実績を誇る国際的な建築設計組織です。ガーキン
(ピクルスにするキュウリ)の愛称でロンドン市民に親しまれている《スイス・リ本社ビル》、
東西ドイツ統合の象徴としてベルリン観光の中心となった《ドイツ連邦議会新議事堂、
ライヒスターク》など、それぞれの都市を訪れたことがある人なら誰もが一度は目にしたことが
ある現代建築史上の名作を生み出しています。
さらに現在、アップル新社屋、月面の砂を素材に3Dプリンターで制作する月面住宅など建築の
イノベーションともいえるプロジェクトに次々と取り組んでいます。彼らは一貫して、「伝統と未来」、
「人間と環境」といった普遍的なテーマを追求し、革新的なアイデアで建築や都市を創り続けています。
本展は、フォスター+パートナーズを代表するおよそ50のプロジェクトを模型、映像、CG、家具、
プロダクト、図面、スケッチなど膨大な資料を通して、その半世紀に及ぶ設計活動を総合的に紹介する
日本で初めての展覧会です。
森美術館

タカムラ産業では、模型の展示台とステージをダンボールで製作・納品させていただきました。

フォスター+パートナーズ展

展示風景:「フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション」(2016年1月1日~2月14日)
       森美術館(展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー)
撮影:古川裕也
画像提供:森美術館、東京

フォスター+パートナーズ展

詳しくはこちら『森美術館【フォスター+パートナーズ展】HP』にてご覧ください。

前のページに戻る